Artist

Home > H ZETT M > 記憶の至福の中に漂う音楽

新商品 NEW

新商品 NEW

記憶の至福の中に漂う音楽

H ZETT M

発売日:20210915
品番:APPR-3018_3019
販売価格:¥3,300(tax in)

H ZETT M 前作「共鳴する音楽」から約4年振りの 新作は更にオルタナティブな世界へ。

発送日:順次発送

※他商品と同時注文の場合、全ての商品が揃い次第の出荷となります。


【商品の紹介】
音楽は内省から始まり、演奏者のものであると同時に、連鎖する聞き手のものでもある。
今作の録音は長野県と山梨県の県境に位置し、八ヶ岳を一望する八ヶ岳高原音楽堂を約2週間借り切って行われた。ここは豊かな自然に囲まれたホールで、総木造りならではの音の響きには定評があり、そのコンサートスケジュールには錚々たるミュージシャンが名を連ねている。H ZETT M自身も過去にこの場所で幾度もライブを開催しており、狭いスタジオで録音するのではなく、コンサートの開催もままならないコロナ禍において、少しでも生のコンサートに近い音を多くの人に届けたいという想いからこの場所を選んでいる。
今回もCD2枚組の全26曲を収録。 ピアノ一台での演奏を基本としつつジャンルを超越した濃密な独自の世界観を展開した作品となった。
ピアノから弦のアンサンブルが展開する美しいサウンドスケープ「Opening」。
スティーブ・ライヒを彷彿とさせる「同期する」「跳躍」「Complex」などで展開されるリズムとの調和はH ZETT Mが今までやってきた独演会の延長線上にあると言えるだろう。
美しく静かに鳴り響くピアノ曲「記憶」や、プロコフィエフ、ラベル、ドビュッシーに通ずるかのような「近代」「月」「大いなる外」。H ZETTRIOの「Never Ending」の再構築であるM12 「Fantasia」のストーリー性などピアノ曲から実験的な曲までの多彩と多様性を極めている。
そして今回このシリーズ初のゲストとして、H ZETT Mが以前からリスペクトしている京都在住の電子音楽家dagshenma氏がグリッジノイズ、グリッジビートでDisc1 M1「Opening」 と Disc2 M6「12」に参加している。

【収録内容】
<Disc1>
1.Opening
2.曖昧なもの (Ambiguity)
3.同期する (Sync)
4.跳躍 (Leap)
5.Complex
6.記憶 (Memory)
7.雨空 (Rainy Sky)
8.羨望 (Envy)
9.夕刻 (Toward Evening)
10.冬支度 (Winter Preparation)
11.New Thing
12.Fantasia
13.水平線 (Horizon)

<Disc2>
1.エコロジー思考 (Ecological Thinking)
2.近代 (Modern Times)
3.月 (Moon)
4.蠢き (Crawl Like a Worm)
5.秩序 (Order)
6.12
7.Cosmos
8.雲 (Clouds)
9.Never Ending
10.ひらひら (Fluttery)
11.大いなる外 (The Great Outdoors)
12.楽園 (Paradise)
13.夢 (Dream)